トンナムのタイ政治経済研究室

タイ政治の解説、分析などを中心としたタイ研究の専門家によるブログです。

タイ社会

軍事法廷で裁かれる市民は1629人

人権のための弁護士センターが整理した情報によれば、2014年5月22日のクーデターから2015年9月30日までに軍事法廷での市民が被疑者、被告となった訴訟手続きは1408件になり、被告は1629人。

地域別では、バンコク軍事裁判所が最大で208人、その他には、コンケーンの第23陸軍管区軍事裁判所が100人、ランパーンの第32陸軍管区軍事裁裁判所は158人、ソンクラーの第42陸軍管区軍事裁判所115人であった。

http://www.prachatai.com/journal/2015/11/62418
22360010463_dbacf348bd_b


映画スタジオGTHが年内で事業終了

映画スタジオのGMM Tai Hub Co Ltd (GTH)が親会社の3社(GMM Grammy (51%), Tai Entertainment Co Ltd (30%) and Hub Ho Hin Bangkok Co Ltd (19%))の株式上場を巡る意見の違いから年末で事業停止を決定した。

Tai Entertainment 社は、今後の映画製作のビジネスを拡大するために株式上場を望んだが、他方でHub Ho Hin Bangkokは、創造性や映像の質にこだわり上場に反対したため、今後の共同での事業継続が難しくなった。

GTHは、3社による合弁事業として11年間映画製作を続け、「フェーンチャン」、「ピーマーク・プラカノン」などの大ヒット映画を生み出してきた。 

http://www.bangkokpost.com/news/general/764340/gth-to-shut-down-over-listing-conflict
http://news.voicetv.co.th/entertainment/285111.html

これまでタイの名作といわれる映画を沢山つくってきたスタジオの解散は、なんだか寂しい限りです。
続きを読む

スラタニー県で500バーツ偽札が出回る

スラタニー県チャイヤー郡内、ターチャナ郡内で500バーツ札の偽札が出回っているのが見つかった。

警察によれば、発見された偽札は、本物より僅かに小さく、透かしも入っていないので、注意深く観察すれば直ぐに偽札だと分かるという。警察は住民達に偽札に注意するように呼びかけ、偽札を使うグループを見つけた場合に警察にすぐに連絡するように要請した。

同地域では1000バーツ札の偽物も見つかったとの報告も警察に寄せられているという。

http://www.posttoday.com/local/south/399602 続きを読む

クラビ空港前で農民団体と地元住民が一時衝突

13日午前10時、チャムナン警察中佐ピライプラヤー警察署長、ブンスーブ森林資源局クラビ支部所長が治安当局約1500人を引き連れて、クラビー県プライプラヤー郡で行われていた生活のためのタイ人農地協会(สมาคมคนไทยไร้ที่ดิน)の集会の制圧に向かった。

タイ人農地協会は、委託契約が終わったユニワニット社アブラヤシ農園の土地を占拠し、政府に委託の終わった土地を貧民に分け与えるように要求。農地は8000ライで、委託契約は2023年に終了する予定。

治安当局は、集会を行っているタイ人農地協会と話しあったが、協会側は、入り口の門を開放して治安当局を中に入れることを拒否した。一部の農民は説得に応じて土地から出てきたが、当局は、出てこない場合には、強制排除を実施すると警告したところ、協会側の農民達はいっせいにアブラヤシ農園の中心部に逃げ出し、100人ほどの農民達の身柄を拘束し、警察に連行した。

その後、スムラトリー生活のためのタイ人農地協会会長がクラビー県ムアン郡内の農地から500人ほどを率いてクラビ空港周辺で空港に向う道路を封鎖し、警察のプライプラヤー郡での強制排除措置に反発を示した。

その間、400人ほどの地元住民、観光業者などが自然に集まり、空港に向う道路封鎖がクラビの観光イメージを損ねることになると農地協会側のデモに反発し始め、農地協会側と地元住民側の間で衝突が発生した

警察の仲裁により両グループは集会を開催することに応じ、クラビー空港への道路は正常に戻った。 

http://www.matichon.co.th/news_detail.php?newsid=1447408405 
  
続きを読む

国家立法会議、予備役法案を可決

国家立法会議は、予備役法案を賛成192票、棄権4票で可決した。タイでは、1954年より予備役軍人制度が導入され、1200万人予備役軍人が登録されているものの、これまで予備役に関する直接的な法律が制定されることはなく、関連法案で対応してきた。

予備役軍人は、国防省の指揮下で、自然災害対応など、非常事態宣言発令、戒厳令発令、戦争など事態で必要に応じて召集される。予備役軍人は、軍務に従事する際には規定の報酬、手当てを受け取るが、検査のためであろうとう訓練のためであろうと、軍務であろうと、軍からの召集から逃げた場合、軍務に充実することを拒否した場合には、軍刑法により処罰を受け、4年を越えない禁固刑を下される可能性がある。

http://www.matichon.co.th/news_detail.php?newsid=1447325892
http://www.bangkokpost.com/news/politics/763184/military-reserve-call-up-law-passed
続きを読む
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • NESDB、今年の成長率を2.9%に修正
  • 11月29日「父のための自転車」予行演習実施
  • 世論調査:首相の選出
  • タクシンは香港滞在
  • 軍事法廷で裁かれる市民は1629人
  • 映画スタジオGTHが年内で事業終了
  • 映画スタジオGTHが年内で事業終了
  • スラタニー県で500バーツ偽札が出回る
  • クラビ空港前で農民団体と地元住民が一時衝突