トンナムのタイ政治経済研究室

タイ政治の解説、分析などを中心としたタイ研究の専門家によるブログです。

赤シャツ

増加する「スイカ軍人」

タイ国軍に関心のある方には、この記事は必読です!最近の国軍首脳部を巡る政治状況が良く分かります。プラユット陸軍司令官が退職前にクーデターを起こす実権をと伴わない国軍最高司令官か国防次官の異動も有り得そうです。いつの間にか赤シャツ・シンパの「スイカ軍人」が増えていたのですね。安定しかかっていたタイの政治バランスがまた崩れかけようとしているような気がします。matichon

民主党、国民和解法案に猛反発

野党民主党は、チャルーム副首相が提出予定の国民和解法案に反対するように赤シャツに呼びかけています。チャルーム法案は、2006年クーデター以降の政治犯全て、強制排除を指揮した政府側の指導者やデモ隊幹部を含む全ての人々を恩赦の対象にしています。チャルーム法案の目的ははっきりしていて、タクシン元首相の恩赦にあります。他方、タクシン派であるはずの赤シャツは、強制排除の指揮者にまで恩赦を与え、責任追及を放棄してしまうことになるので、同法案に反対しています。かなり捻じれた構図となっています。post today

セントラルワールド放火犯を逮捕すれば

3年前のセントラルワールド放火事件の容疑者。見事に捕まえれば、タクシン元首相から1000万バーツの報奨金が貰えます!さて、どこに探しに行けば良いだろう・・。post today続きを読む

インラック政権内の対立

来月にあると予想されている内閣改造をめぐるプアタイ党内の状況の解説。タクシン元首相は、慣例どおり5ヶ月の期間にあたる来月の内閣改造を希望。その理由は、12月に政治活動禁止処分中の109人が復帰するので、その前に今の党メンバーに大臣ポストの配分を行う必要があるから。一方インラック首相は内閣改造を望まず。現在進めている借款関係の法案を進めなければならず、経済関係閣僚の入れ替えはしたくない。また次の内閣改造で赤シャツのチャトゥポンを今度こそ大臣に入れなければならないのが悩みの種。post today

恩赦提案の違い

3つの恩赦提案の解説はこの記事が分かりやすいです。matichon
第1のニティラートの提案は、憲法改正による恩赦で、対象者はクーデター~アピシット政権の国会解散までの期間の政治集会参加者及び政治犯で、リーダーや政府担当者は含まない。
第2のウクリット氏の法治推進独立委員会(コーオーノート)の提案は、恩赦法案で、対象期間、対象者は基本的に1、と同じ。
第3のUDDの提案は、緊急勅令による恩赦の実施で、対象期間は2007年1月1日から2011年12月31日までのリーダーを除く集会参加者が対象。
現在、3つの提案は全て法律諮問機関「法制委員会」で適法性を検討しています。現実的なのは2、の案でしょうか。続きを読む
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • NESDB、今年の成長率を2.9%に修正
  • 11月29日「父のための自転車」予行演習実施
  • 世論調査:首相の選出
  • タクシンは香港滞在
  • 軍事法廷で裁かれる市民は1629人
  • 映画スタジオGTHが年内で事業終了
  • 映画スタジオGTHが年内で事業終了
  • スラタニー県で500バーツ偽札が出回る
  • クラビ空港前で農民団体と地元住民が一時衝突