マティチョン版は、「アピシット民主党とタイ貢献党の態度から生じた政治のデッドロック」と題した評論記事を掲載しているところ、概要以下のとおり。

 NCPOとプラユット首相にとっての自信の源は、(任命制の)上院議員250人を掌中に収めていることであるが、それよりも自信を最も左右することになるのは下院議員(過半数の)251人(を確保出来るかどうか)である。それこそが政治を大きく行き詰まらせて(ロックして)いるのである。NCPOとプラユット首相にとって未だに明確でないことは、支配下にある251人の下院議員を確保できるかどうかである。それまでは、ひたすらと(選挙を)延期し、引き延ばし続けるのである。下院議員選挙法案を国家立法議会(NLA)の委員会及び本会議を通過させるべく努力したようにみえたが、他方で同法案を憲法裁判所に対する(違憲審査の)申し立てを促したようにも見える。251人の下院議員の確保の可否が重要な要因となっているのである。しかし、問題は、タイ貢献党、民主党以外どこの政党がそれほどの議席を獲得できるのかである。それは困難という域を超えてしまっている。

 民主党は、突然にも「党是」として、党首が誰であろうと党首を首相候補に提案しなければならないと表明した。これは、(民主党内のプラユット支持勢力への)「妨害」(カットアウト)を意図したものである。アピシット党首は、「プラユット首相の続投を支持するのであれば、離党して他のところ行き、民主党内に留まるべきでない」と主張している。感情を隠せないほどに怒りを募らせながら回答をするほどであった。こうやって民主党の「原理原則」を持ち出すことは、(民主党内のプラユット首相続投支持派の)「夢を潰す」ことである。民主党内の一部の勢力は、PDRCとの関係を有しているので、PDRCが以前に脅しをかけてきたのと同じように、脅迫じみた怒りを爆発させたのであった。

 ここで1978年(仏暦2521年)憲法草案にまで遡らなければならない。同憲法草案は、ミーチャイ・ルチュパンのような法律専門家の巨大な頭脳から「半分の民主主義」を生み出すために起案されたものであったが、憲法起草グループは、後に1997年憲法やタイ愛国党によって反映されることになる政治の現実を見過ごしていた。政治の現実は、2001年1月の総選挙から元に戻れないほど変わってしまった。2005年2月の総選挙でタイ愛国党が勝利したこと、2007年12月の総選挙で(後継の)国民の力党が勝利したこと、2011年7月の総選挙でタイ貢献党が勝利したことから確認されるように、基本的に政党政治は、二大政党制に収斂したのであるが、実際には大政党と呼べるものは、タイ愛国党、(その後継の)国民の力党、タイ貢献党しか存在しない。他方でその他の政党は民主党であっても、地域政党に過ぎず、さもなくば県レベルの政党に過ぎないのである。従って、タイ貢献党と対抗して下院の251議席を確保することは、非常に困難なことなのである。

 タイ貢献党が野党に留まり、「外部首相」(ナーヨックノーク)を拒絶することを表明したことで、政治のデッドロック状況に陥ってしまったのである。その結果、NCPOは身動きが出来なくなったのである。タイ貢献党と民主党を除外して、どこかの政党が100議席ないし200議席を有して、プラユット首相の続投を支持してくれることは困難なことである。以上のような理由により、総選挙実施のロードマップが不明確となっているのである。