3つの恩赦提案の解説はこの記事が分かりやすいです。matichon
第1のニティラートの提案は、憲法改正による恩赦で、対象者はクーデター~アピシット政権の国会解散までの期間の政治集会参加者及び政治犯で、リーダーや政府担当者は含まない。
第2のウクリット氏の法治推進独立委員会(コーオーノート)の提案は、恩赦法案で、対象期間、対象者は基本的に1、と同じ。
第3のUDDの提案は、緊急勅令による恩赦の実施で、対象期間は2007年1月1日から2011年12月31日までのリーダーを除く集会参加者が対象。
現在、3つの提案は全て法律諮問機関「法制委員会」で適法性を検討しています。現実的なのは2、の案でしょうか。