トンナムのタイ政治経済研究室

タイ政治の解説、分析などを中心としたタイ研究の専門家によるブログです。

2014年07月

タイ中国親密化

ソムキットNCPO顧問、中国指導者にプラユットNCPO議長からの親書を届ける。ますますの協力関係を求める。

タイと中国の関係はますます深まるばかり・・・。このままじゃ高速鉄道計画や水利システムなどのインフラ事業は全て中国にとられてしまうかも。http://www.nationmultimedia.com/politics/Special-envoy-Dr-Somkid-delivers-NCPOs-message-to--30239713.html

ミャンマー並みの軍事政権ืに?

近いうちに発足される暫定政権、すさまじい昔のミャンマー並みの軍事政権になりそうです。まだ関係者からの漏れ聞こえる情報のレベルですが、これが本当だとすると、NCPOは本気で欧米との関係修復などする気はさらさらないようです。
報じられているのは以下のとおり。
首相、プラユット陸軍司令官兼NCPO議長
副首相兼国防大臣、アヌポン前陸軍司令官兼NCPO副顧問団長
国防副大臣、イティポン元空軍司令官兼NCPO顧問
副首相兼運輸大臣、プラチン空軍司令官兼NCPO副議長
外務大臣、タナサック国軍最高司令官兼NCPO副議長
内務大臣兼国防次官、パイブーン陸軍司令官補
(タナサック国軍最高司令官が、内務大臣で、パイブーン陸軍司令官補が法務大臣という可能性もあるそうです)

http://www.bangkokpost.com/news/local/422935/prayuth-tipped-for-2-top-jobs 

政治集会規正法案が審議に

もうじき誕生する国家立法会議で政治集会規正法案が審議されることになるそうです。クーデター団は、警察に同法案についての検討をするように指示をしたそうです。同法案は、数年前から国会での審議が続けられながらも、手続きが止まったままになっていたものでした。
政治集会が大きな迷惑になっているタイのこの数年の状況を考えれば必要は法案だと思い増すが、問題は運用が適正にされるのかどうかです。ダブルスタンダーがまかり通る国ですので、タクシン派の集会は違法で、黄シャツ集会はOKとか、そんなオチになることは目に見えています。http://www.nationmultimedia.com/politics/Police-assigned-to-study-law-on-public-gatherings-30239672.html 

 
どうせ「憲法に定められた権利だ」とかで、黄色はOKってことになるのは目に見えてますからね。司法制度が公平中立にならない限り、この国はどうにもなりません。

インラック政権への追及

選挙管理委員会の調査小委員会は、インラック首相を含む9人の閣僚が無効となった2月2日の選挙期間中に北部や東北部などに地方視察を行った件に関し、これが憲法181条第4項(国の資源または国の人員を選挙に影響を及ぼす行為のために使用することはできず、選挙委員会が定めた規則に基づく禁止事項に違反するような行為をなすことはできない)に違反したことを認め、追及方針を決めました。違反が確認されれば、選挙法57条と137条の規定により、1-10年の禁固、2万ー20万バーツの罰金が科され、10年の政治職禁止処分が下される可能性があります。さらに政党解党処分にまで発展する事態も有り得ます。選挙管理委員会は、訴追の最終判断を下す前に容疑のかかった9名の陳述を求めているそうです。

先日の国家汚職防止委員会による米担保融資制度に関するインラック首相の刑事訴追の決定に続き、容赦なくタクシン派を追い詰めるようです。まるで、タクシン元首相の誕生日祝賀のためにヨーロッパー旅行に出かけているインラック首相にそのまま亡命して帰ってくるな、というメッセージを送っているかのように読めます。http://www.bangkokpost.com/news/politics/422872/yingluck-former-ministers-face-another-allegation

ジャイ・ウンパコーンの論考

イギリス亡命中の赤シャツ系学者のジャイ・ウンパコーンの論考。国王の政治的役割や王位継承問題を政治対立に結びつける考え方に否定的。https://uglytruththailand.wordpress.com/2014/07/24/the-thai-monarchy-is-a-tool-of-the-military-there-is-no-crisis-of-succession-in-thailand/  

 The junta has since upgraded the navy’s submarine capability, something which the King had opposed only recently. 

この話は全然知らなかったので面白かったです。でも何で国王は潜水艦のことに反対だったのか、それも気になりました。

この話は全然知らなかったので面白かったです。でも何で国王は潜水艦のことに反対だったのか、それも気になりました。
記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

ギャラリー
  • NESDB、今年の成長率を2.9%に修正
  • 11月29日「父のための自転車」予行演習実施
  • 世論調査:首相の選出
  • タクシンは香港滞在
  • 軍事法廷で裁かれる市民は1629人
  • 映画スタジオGTHが年内で事業終了
  • 映画スタジオGTHが年内で事業終了
  • スラタニー県で500バーツ偽札が出回る
  • クラビ空港前で農民団体と地元住民が一時衝突